2011年08月23日

【断裁機】プラス A4 PK-513L 26-106

41rNwJbl6iL.jpg

仕事柄、印刷工場によく出入りしているので、大型の断裁機を見ています。

ランキング応援いつもありがとうございます。

ファイナルファンタジーの主人公やベルセルクのガッツが持っていそうなぐらい大きな刃が付いています。
でっかい紙をザクッと断裁するのを見ていると、肛門が「キュッ」っと締まります。
(別に自分の糞を断裁するわけでもないのですがねぇ・・・)

書籍の電子化には、スキャナに通せるように本を断裁する必要があります。
カッターナイフとものさしで充分、とお思いの方は、一度実際にやってみてください。
ほとんどの方がちゃぶ台ひっくり返したくなるハズです。

ネットで断裁機を調べてみると、1万円ぐらいであります。
安いな、と思って、これで充分だろ、とお思いでしょうけども、1万円ぐらいのやつは踏切の遮断機タイプで、刃が斜めに降りてきます。
これだと狙った箇所を正確に断裁できません。断裁途中でずれてきます。
やはり、ちょっと値は張りますが、刃が水平に降りてくるタイプでないとキレイに断裁できません。
断裁がキレイでないと、スキャナに通すとき、紙詰まりを起こしたり、用紙が斜めにスキャンされたりしてしまいます。断裁は失敗したら後がありませんから、しっかりした断裁機が必要です。

で、それだけの断裁機、本の断裁だけに使うのはもったいないです。
私のお勧めは自分でデザインした名刺の断裁。
そこいらの名刺屋さんが作ったのより、はるかにカッコイイ名刺が出来上がります。
オリジナルトランプを作るのもいいです。
仕事で使うならば、フライヤー制作もいいですね。
美容室ならば、スタンプカードとか、割引券もキレイに断裁できます。

ね?結構便利でしょ。

プラス 断裁機 裁断幅A4 PK-513L 26-106

新品価格
¥29,490から
(2011/8/23 21:31時点)




人気ブログランキングへ人気ブログランキングへポチッとお願いします。

posted by 老公 at 21:34| 大連 ☀| Comment(0) | 電子書籍作成ツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。